きき酒マラソンスタート
誰も駆けださないスタート。のんびり行きましょう。

「記録」より「記憶」が残る一日を。

 

 越後謙信きき酒マラソンは、新潟県上越市にある上杉謙信公の居城「春日山城」を舞台に繰り広げられる、"日本一ゆるくてハードなファンランイベント"です。

 春日山城を含めて計4回山を登っては下り、ついでに神社の階段も駆け上がってお参りし、周辺の名所にも結構立ち寄り、エイドの蕎麦やBBQでお腹を程よく満たし、ゴール後は上杉謙信公の愛した日本酒をきき酒で楽しむ。ざっくり言うとこんな内容で、ハードなコース設定とユルめな運営をモットーに、真面目に不真面目を貫き通して開催しています。

 

 ちなみにきき酒マラソンは、タイム計測や順位などの記録は一切なしの本格軟投派。速さを競うのではなく、ゆるーく楽しむのが正しいルールです。なんなら歩いたってゴールできます。一生懸命走りぬくのはOKですが、ガチで嘘かと思うくらい速く走るのは禁止です。

きき酒マラソンゴール
感動のゴールは暖簾をくぐって。やってるよっ!

 紅葉や名所旧跡などの景色を楽しんだり、春日山からの絶景に息を飲んだり、謙信公に思いをはせたり、のんびり走りながら仲間との交流を深めたり、初めての人と偶然の出会いを楽しんだり、のんびり歩きながら時間内にゴールできるかできないかのスリルを味わったり、思いの外ハードなコースに毒づいてみたり、仮装姿で参加して注目を集めたり、親子で走る時間を感慨に浸りながら過ごしたり、じっくり己と向き合ったり、じっくり彼女を見つめたり、がっつり彼氏を引き離してみたり、寒さと戦いながら生きてることを実感したり、寒いからこそ生まれるコミュニケーションを楽しんだり、お酒のことだけ考えて走ったり、豚汁のことだけ考えて走ったり、お肉のことだけ考えて走ったり、まったく無心になってみたり。

 要は楽しければOK。一人一人の楽しみ方で参加できる、気負いや緊張一切なし、ユルさ全開、思い出いっぱいの自由なマラソン、それがきき酒マラソンです。

 


 

きき酒マラソンの魅力

 

謙信公がお出迎え。意外に楽しい開会式。

 

せっかくの一日、最初から楽しいほうがいいに決まってます。開会式だって普通に済ますことはありません。どんな感じかは出てみてのお楽しみ。

そして謙信公のお出迎え、出陣の号令、鳴り響くほら貝。出陣を迎える武士のごとく、気持ちを高揚させましょう。スタート前もスタートも、一日を楽しむための大事な瞬間なのです。

 

待ち受ける山道、坂道、階段の数々。

 

コースは山道半分、舗装道が半分。おそらく想像を超える山道と、地味に長い坂道と、思いの外長い神社の階段が皆さんを待ち構えます。

メインは難攻不落の山城である上杉謙信公の居城「春日山城」。本丸跡へと続く坂道・階段を一気に駆け上がります。その高低差は約200m!

日本一ハードなファンランを自称する所以です。

 

コスプレ大歓迎。ガチで走ってはいけません。

 

速く走るだけがマラソンの楽しさではありません。きき酒マラソンは2時間以内のゴールは禁止。たまにはゆっくり走ったり歩いたりしながら、景色を楽しんだり、仲間との会話を楽しんだり、初めましての人と挨拶してみたりしませんか。

わざわざ上越まで来たんですから、せっかくの時間、楽しんだモン勝ちです(←こんな風に)。

 

普通じゃあり得ないエイドステーション。

 

毎年何かしら新しいものが出現するエイドステーション。普通じゃないエイドの数々が皆さんを待っています。

例えば、職人のこだわりが強すぎる蕎麦は毎年大人気(毎年あるかどうかはわかりません)。目玉のBBQガーデンエイドでは、自分でお肉を焼いて食べることができる上に「大人な飲料」の自動販売機もあります。

no surprise, no aid.

 

ゴール後はきき酒大会。圧巻の15銘柄。

 

ゆるゆる走ったゴール後は、ばっちり気合を入れてきき酒に臨みましょう。上越・妙高地域の地酒15銘柄が皆さんを待っています。こんなの当てるのムリ!とか言わないでください。ちゃんと当ててる人がいますからね。

きき酒が終わったら、あとは呑み放題。楽しかった記憶が無くならない程度にお楽しみください。

 

閉会式のお楽しみ。残った人には福がある。

 

疲労とお酒と寒さ(毎年なぜか寒いんです)で、とっとと早く帰りたい気持ちはわかりますが、ここはひとつ頑張って最後の閉会式まで残ってみましょう。

きき酒正解者にはステキな粗品を差し上げます。さらにその後の表彰式でも様々な賞品をご用意しています(ただし順位表彰なし)。賞の該当者がいない場合は、お約束の大ジャンケン大会。壮絶な賞品争奪戦が幕を開けるのです。

 

本丸で乾杯。昼から始まる前夜祭。

 

運営スタッフの心の余裕と仕事の都合で気まぐれに開催される「昼から前夜祭」。謙信公よろしく春日山城本丸で杯をかわします。ランナーさん同士の新しい出会いと、運営スタッフとの交流によって、次の日走るのがより一層楽しくなること間違いなし!

ただし、呑み過ぎて次の日走れなくなる可能性も秘めてますので、帰ってから家族に馬鹿にされないよう、そこだけは充分注意してご参加ください。

 


 

過去のきき酒マラソン

 

第3回(2017年)

第2回(2016年)


第1回(2015年)



 

それなりに個性強めのスタッフをご紹介

 


 

会場へのアクセス